医療法人社団 心幸会 ササマ歯科クリニック
文字サイズ 小 文字サイズ 中 文字サイズ 大
サイトマップ
  • ホーム
  • ごあいさつ
  • クリニック案内
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 痛みの少ない治療
  • 初診の方へ
  • 虫歯治療
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • セレック3D
  • 審美歯科
  • 治療症例集
  • 歯髄細胞バンク
  • インプラント
  • スポーツマウスガード
  • お問い合わせ

近隣駐車場

求人募集

知って得する医療費控除

デンタルローン

ササマ歯科クリニック院長ブログ

携帯サイトへはこちらのQRコードから

笹間歯科医院

審美歯科

白い歯からアンチエイジング

メタルフリープログラム

■ ファイバーコアポスト

ファイバーコア

コアとは

「コア」とは、神経をとったあとの歯にかぶせ物をする際、歯を補強する為の土台になる部分です。
金属やプラスチック(レジン)の他グラスファイバー製の物もあります。

ファイバーコア

ファイバーコア

ファイバーコアとはグラスファイバーでできた土台のことです。
保険の歯の場合は銀の土台(メタルコア)になりますが、これらの金属の土台は歯の根と比較して硬く、たわまないために根が折れてしまうことがありました。
ファイバーコアは象牙質(根)と近似した弾性(たわみ)を持っています。

ファイバーコア

オールセラミックは光の透過性が天然歯に近いため、金属の土台を入れると土台の色が透けてしまったり、天然歯のような透明感が出せません。
銀色の土台を削る場合、削った金属が歯肉内でイオン化や酸化し、歯肉が黒ずんだりすることがあります。
また、この金属イオンが金属アレルギーの原因になることもあります。
以上のことから当院では、ファイバーコアを土台に使用することをお勧めしています。

メタルコアメタルコアでの治療例

材質が金属の為、光の透過性が無いのでコアが黒く映ってしまいます。

ファイバーコアファイバーコアでの治療例

光の透過性が 天然歯に近い為、 審美性に優れ、歯根が割れる可能性も低くなります。

コアの種類

メタルコア
メタルコア 一般的に保険で適用されます。材質には金銀パラジウムや銀合金が使用されます。
長所
  • 安価でほとんどの症例に可能
短所
  • 金属が歯の根と比較して硬く、たわまないために根が折れてしまう可能性が高い
  • 銀色の土台を削る場合、削った金属が歯肉内でイオン化や酸化し、歯肉が黒ずんだりすることがある
  • この金属イオンが金属アレルギーの原因になることもある

ファイバーコア
ファイバーコア グラスファイバーでできたコアです、審美性・弾性に優れています。保険適用外。
長所
  • しなる性質があるので、歯が割れる可能性が低くなる
  • 金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない
  • 色が歯と似ているので、審美性に優れている
  • 再治療が必要になった際、除去が容易
短所
  • 保険適応外なので費用が高めになる
再発のリスク  2次虫歯になりにくいゴールド

つめものは、歯との隙間いにプラークがたまりやすく、むし歯が再発することも。(2次むし歯)
このリスクが最も少ないのがゴールド。
適度なやわらさかさがあり、隙間もピッタリ。
セラミックも特別な接着剤を使うので、2次むし歯の危険が少なくなっています。

■ ゴールドなら隙間もピッタリ!!

【ゴールド】
ゴールド
適度にやわらかいので
隙間もぴったり
【銀歯】
銀歯
長年の使用で
段差※ができることも

※段差のできかたには個人差があります。

金属アレルギー  オールセラミック・ゴールドなら安心

歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることも。
オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心。
また、ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。
ゴールドは酸に溶けにくい金属です。

■ ゴールドは酸に溶けにくい金属です。
それぞれ強い酸に1分間つけてみると…

【ゴールド】
ゴールド
ほとんど変化なし。
酸に溶けにくい
【銀歯】
銀歯
金属イオンが溶け出し
真っ黒に酸化※

※お口の中でここまで酸化することはありません。

セラミックとプラスチックの違い

■ 美しさがいつまでも続く ~透明感のある自然な白さ~

前歯なら、誰もが気になるその見た目。
セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。
セラミックならプラスチックのような変色はほとんどありません。

※変色には個人差があります。

▼ 3年後・5年後の変色を比較すると…
【セラミック】

セラミック

【プラスチック】

プラスチック

■ 磨耗しにくい ~歯磨きしても削れない!~

せっかく治療するんだから、いつまでも大丈夫で長持ちしてほしいいもの。
プラスチックは、歯ブラシでこするだけでも傷がつきますが、セラミックならそんな心配はありません。

※磨耗には個人差があります。

▼ プラスチック磨耗(5年間使用後)

プラスチック磨耗(5年間使用後)

■ 細菌がつきにくく清潔 ~むし歯や歯周病になりにくい~

セラミックの材料は、毎日使うお皿と同じ。
だからとても衛生的。
むし歯や歯周病の原因となる細菌(プラーク) がつきにくく、歯みがきでしっかり落とせます。

▼ 表面の拡大写真(500倍撮影)

【セラミック】

セラミック

表面が滑らか。
プラークがつきにくい
【プラスチック】

プラスチック

スポンジおような表面。
プラークがつきやすい
このページの先頭へ